J-FUN Youth ロゴ見出し.png

​ Member Introcuctions

​ 事務局

J-FUN Youth ロゴ見出し.png

​共同代表

​平泉妃奈美

 

Hinami Hiraizumi​

 

​津田塾大学学芸学部3年

 

「難民」と聞くとどのようなことを思い浮かべますか? 私は彼/彼女たちに対するイメージが大学の講義やJ-FUN Youthでの活動を通じて大きく変わりました。 私自身が感じた彼/彼女らの多様な存在を今後の活動を通じて皆様に伝えていきたいと思います。

 
 
 
 

共同代表

​江口和美

 

Kazumi Eguchi​

 

​創価大学国際教養学部3年

 

私はJ-FUN Youthの活動を通じて、「難民」という一括りではなく、一人ひとりの個性や、置かれている状況に目を向けることの大切さを学びました。これからも活動を通して学びを深め、自分のできることに精一杯取り組んでいきたいと思います。

 

​会計

Takuma Yamano​

 

​ 山野拓真

 

​慶應義塾大学経済学部2年

 

大学では国際政治を専攻しています。 学校ではシステム論やパワーポリティクスなど全体を扱った授業が多いのでj-fun youth では難民という1つの問題に絞った新たな視点を得られたらと思っています!​

 
 
 
1.jpg

​ プロジェクトメンバー

​太田明璃

 

Akari Ota​

 

​東京外国語大学4年

 

難民問題というのは国家が絡むグローバルな課題ですが、そんな中でも個人が取り組める問題はあるのではないかと思い、J-FUN Youth に参加しました。

 
IMG_0696 - 太田明璃.jpg

Kanta Mochida

 

東京大学教養学部後期課程4年

 

難民に対する無関心は、誤解や偏見、分断の種となります。そこで私たちにできるのは、難民を身近に感じてもらうための足掛かりを築くこと。そして、関心をみんなで深め合うこと。 こうして広がる輪が行動を生み、また新たな関心を生み出す。そんな循環をつくっていきたいと思います。

 
 
 
 
 

​持田勘多

 
 

和田詩央

​Shihiro Wada

 

​津田塾大学学芸学部 4年

​ただただ大学から与えられた課題をこなしていく中で、興味のある分野についてもっと学びたいという思いが芽生えました。正直、日本でできる難民支援には限りがあります。何か彼らのためになっているのかと言われれば、ただの自己満かもしれません。ただ、色々な大学、立場の人と意見を交換し、理解を深めることで、この状況を難民問題が身近でない日本に伝えることはできるのではないかと思っています。

 
 
 
 
 
 
 
 
62882_edited.png

​多田理温

 
 

​慶應義塾大学2年

 
 
 

​˙Rion Tada

 
 

高校生の時、入管施設や難民認定制度運用の実態を知り、衝撃を受けました。その後、中島京子さんの「やさしい猫」を読んだことをきっかけに、難民に関する活動に一刻も早く関わりたいと思い、J-FUN Youthに参加しました。法や制度の面から、難民について考えていこうと思っております。

 
 
 
 

​小松陽子

​Komatsu Yoko

​創価大学看護学部 4年

授業で日本の難民の方々について学ぶ機会があり、この団体を知りました。そして自分も何か役に立ちたいと考え、加入しました。少しでも多くの人に難民の方々のことを知ってもらい、彼らが住みやすい社会の形成に尽力できるよう、精進していきます。

 

​佐久間理子

​Sakuma Riko

​明治大学法学部 4年

数カ月前、入管の収容所に収容されたことのある難民の方の講演を聞きました。その時に、収容所での扱いの残酷さを聞いたことをきっかけに、日本の難民制度に疑問をもち、難民支援に興味を持つようになりました。今はオンラインの活動しか参加できていませんが、J-FUNユースの活動を通して難民問題について学んでいこうと思います。よろしくお願いします!

 

​藤井みさと

​Fuji Misato

​お茶の水女子大学文教育学部 4年

  普段の生活では意識されないけれど実はすぐそばにある日本の難民問題。困難から逃るためにやってきたはずの難民の方々が再び日本で困難な状況におかれる現実を知り、少しでも力になりたいと思うようになりました。自分に出来ることから一つずつ、力になれるよう頑張りたいです!

 

​百々あずさ

 
 

ドイツに住んでいた時に、シリアから複数の国境を超えて逃れてきたクルド人のご家族と知り合い、彼らのお宅にて、家庭料理で温かいおもてなしを受けました。その出会いが私の心を強く動かしました。彼らは昨日までごく普通に私達のような生活を送っていた人たち。それが、某武装勢力により街が破壊され、命の危険にさらされてしまったのです。日本では、まだまだ難民について知られていません。私達がまず始められるのは、難民になってしまった人達は、昨日まで私達と同じような生活をしていたこと、彼らがなぜ難民になってしまったかを、より多くの人に知っていただくことだと思っています。

 
 
 

​オペラ歌手、慶応義塾大学通信教育課程法学部

 

Azusa Dodo

 
 

コミュニティ、空間という視点から問題を探りたいと考えております。

 
 
 

Ryuusei Murata

 
 

​邑田龍成

 
 

東京工業大学/建築学部/4年

 
 
 

​小林未来

Mirai Kobayashi

​東京外国語大学国際社会学部4年

難民は、様々な問題が複雑に絡み合った結果、母国での日常を手放さざるを得なかった人々です。そんな人々が、逃げてきた先で私たちが当たり前と考えている生活を送ることができる日本社会でありたいと思います。そのためには、人々が彼らに関心を持ち、問題を解決しようと考えるきっかけが必要です。私は学生という立場から様々なアクションを起こし、そのきっかけを積極的につくっていきたいです。

野田奏海

Kanami Noda

​高校2年

私にとって難民は全く身近ではありませんでしたが、難民問題は日の目を見ないだけで、日本でも横たわり続けている重要な問題だと知りました。少しでも難民の方々のためになるような、学生の私にも出来ることを模索し実践していきます。

ヘッディング 3

​小田麻央

Mao Oda

​明治学院高等学校3年

高校生でも行動を起こせば誰かの役に立つことができること。世界的パンデミックと資金不足より、更なる苦境に追い込まれている難民が多くいるということ。今年度はこの2つのことを少しでも多くの人に伝えることを目標にJ-FUN Youthの一員として活動に尽力します。

59470.jpg
写真 - 藤井美聡.jpg
S__4489233.jpg
2.jpg
S__96043012.jpg

老松京香

Kyoka Oimatsu

東京外国語大学/国際社会学部/4年

 
 
「私には国籍がないんです」という言葉を耳にしたことがきっかけで、難民・無国籍者への支援を始めました。J-FUN Youthの活動を通し、難民支援の輪を同世代へ広げていきたいと思います。
 
 

難民支援に関心があり、私達ができる支援についてたくさん学びたいと思い入会しました。 よろしくお願いします!

​吉田真美​

Naomi Yoshida

一橋大学/社会学部/4年

line_191184372427052 - Naomi (1).jpg
ボタン